竹中工務店とMX3Dが構造用3Dプリント鋼コネクタを開発

MX3Dと竹中工務店は大規模な金属3Dプリント技術を使用して構造用鋼製コネクタを開発

Robotic Additive Manufacturing(RAM)技術開発者で、アムステルダムに本拠を置く MX3D は、日本の建築およびエンジニアリング企業 竹中工務店 の欧州事業所 Takenaka Europe GmbH と協力し、3Dプリント構造用鋼製コネクタを開発した。

大規模なロボット3Dプリント技術である「Wire Arc Additive Manufacturing(WAAM)」を使用した金属製巨大3Dプリント橋や3Dプリント製アルミニウムフレーム自転車などを製作する(関連記事はこちらMX3Dは、竹中工務店とのコラボレーションによる最新プロジェクトとして、WAAMによって高度にカスタマイズされた建築構造用スチールコネクタを生産。実際の建物の建設に使用できることを実証した。

この構造用鋼コネクタは、MX3Dと竹中工務店のエンジニアによって設計され、トポロジ最適化技術を用いて設計上の制約を統合。パーツは、デュプレックスステンレス鋼材料を使用してMX3Dによって3Dプリントされており、内部をコンクリートで満たせるよう設計された「コンクリート充填鋼管構造/CFT(Concrete Filled Steel Tube)」を採用した40kgの中空鉄骨部品で、コンクリートを充填した部品の総重量は45kgになる。

こうして完成したコネクタは、構造物を支えるために必要な機械的特性と耐食性を有している。

MX3Dのエンジニアリングは次のように述べている「竹中と共にこのコネクタを開発して “Wire Arc Additive Manufacturing(WAAM)” 技術がいかに工業化された複雑な構造のコネクタを作成できるかを証明することができた。このコラボレーションは、デジタル設計の領域を拡大し、製造上の制約によって建築の創造性を制限する必要がないことを示しています。」


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る