3Dコンクリートプリント市場が急速に拡大

3Dコンクリートプリント市場は2027年までに目覚ましい成長が見込まれる

市場調査レポートプロバイダー Report Ocean は最新のレポートで「3Dコンクリートプリント市場調査レポート」を発表。世界の3Dコンクリートプリント市場は2019年に3億1090万ドルと評価され、2020年から2027年までに106.5%のCAGR(年平均成長率)を記録し、2027年までに40,652.4百万ドルに達すると予想した。

ベルギーに建設された2階建て3Dプリント住宅

3Dコンクリートプリンティングプロセスは、コンクリートおよび噴霧機を使用して建物の構造やその他のインフラストラクチャを構築する技術であり、壁、屋根、柱などを専用の建設用3Dプリンタを使用してプリントする。建設用3Dプリントシステムは、AutoCADやSolidWorksなどのソフトウェアで事前にプログラムされた内容を元に、ロボットまたは3Dプリンタを駆動し、目的のオブジェクトをプリントする。この技術は、従来の手動による方法に比べてエラーが少なく、複雑な設計を簡単かつ高速に作製することができる。


ドイツで建設中の3階建て3Dプリント集合住宅

世界の3Dコンクリートプリント市場の成長は、主に熟練労働者のコスト削減を大きな目的のひとつとしている。カスタマイズされた複雑な建設に莫大な費用が請求される熟練労働者の賃金に費やされる金額は、3Dコンクリートプリンタを使用することで節約が可能であり、さらに廃棄物の発生を削減。このコスト削減の実現可能性は、市場の成長を促進する要因とされているが、高い投資コストとプリントサイズの制限が、3Dプリンティング技術における大きな欠点とされている。さらに3Dプリントテクノロジーが直面する課題は、材料開発、その強度と耐久性、不十分な表面仕上げ、およびこのサービスのソフトウェアとハ​​ードウェアを操作および保守するための技術的専門知識の不足とされている。しかし一方で、3Dコンクリートプリントサービスを手掛ける企業がこれらの課題を克服するために様々な研究開発を重ねており、事業拡大、製品発売、パートナーシップなどの戦略により、市場の成長を後押しするために必要な主要なプレーヤーによって採用されている。

3Dコンクリートプリントシステムは主に材料の種類に基づいてガントリーシステムとロボットアームに分けられており、技術に応じて押出ベースと粉末ベースに分類される。最終用途セクターは、住宅、商業、インフラなどに分けられる。市場の地域分析では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、英国、イタリア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド)およびLAMEA全体で実施されている。
また、3Dコンクリートプリント市場の主要なプレーヤーとして、Apis Cor、Cobod International A / S、CyBe Construction、D-shape、Heidelbergcement AG(Italcementi SpA)、LafargeHolcim、Sika AG、Skanska、Yingchuang Building Technique(Shanghai)Co。、 Ltd.(Winsun)、XtreeE 等の名を上げている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る