3Dプリント製抗菌グローブ「PATOUCH 2.0」

地下鉄やバスなどの公共交通機関で使える3Dプリント製抗菌グローブ「PATOUCH 2.0」

フランスのデザイン会社 W6Design は、地下鉄やバスなどの公共交通機関を利用する際、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)をはじめとした感染症の感染を防ぐため、Copper3D の軟性抗菌作用フィラメント「MD FLEX」材料を使用して3Dプリントされた、柔軟性のあるグローブ「PATOUCH 2.0」の販売を開始した。

Photo : W6Design

柔軟性のある「PATOUCH 2.0」は、手のひらで包むようにして、地下鉄車両やバス内に備えられたバーやドアハンドルなどを握る際に使用する物で、未使用時には小さく丸めてポケットなどしまう事が出来る。

「PATOUCH 2.0」の生産に使用されている「MD FLEX」は、チリおよびアメリカの2つの微生物学研究所で確認された抗菌特性を有しており、黄色ブドウ球菌(MRSA)および大腸菌(DH5α)を最初の6時間で95%まで低下させ、その後8~24時間で99.99%を除去することができる抗菌作用を含んでおり、その高度な抗菌特性を活かし、感染症予防などの医療目的の他、航空宇宙、食品などにも使用されている。

 

MD FLEX の特徴

  • FDA登録フィラメント
  • 欧州連合の基準に準拠:No. 10/2011, No. 1935/2004 and No. 2023/2006
  • 抗菌作用が科学的に検証されており、99.99%以上の真菌、ウイルス、細菌、およびさまざまな微生物を排除
    臨床試験済みの義肢装具で優れた成績を収めています
    術後の義肢、創傷包帯、手術器具、整形外科用インソールなど、細菌汚染が危険な他の医療用途の製造に最適。
  • チリと米国の2つの微生物研究所で確認された抗菌性
  • ISO 9001/2015認証の製造基準に基づいてオランダで製造
  • Nano-Additive は強い及び柔軟性、高熱抵抗のような TPU 材料のすべての機械特性を維持。高い耐熱性(138℃)、450%の破断点伸び、VELでのプリントが容易>75mm/s以上。
  • 複雑なマルチエクストルージョン3Dプリントに対応したAquaSolveとの互換性
  • 食品接触クリアランス:No. 1935/2004
  • 以下の指令および規制に準拠
    RoHS指令 2011/65 / EC
    REACH指令 1907/2006 / EC

3Dプリンタ用フィラメントショップ 3DFS id.arts は Copper3D 製品を扱う国内唯一の販売として「PLACTIVE AN1」および、柔軟性タイプの抗菌作用フィラメント「MD FLEX」を販売しています。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る