Fordは3Dプリンタで週10万個の医療用部品を製造

Fordは社内保有の3Dプリンタを利用して週10万個の医療用保護具部品を製造

米国自動車メーカー フォード・モーター・カンパニー(以下 Ford)は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)への対策を支援するため、社内の3Dプリンタを活用して個人用保護具部品の生産を開始したことを発表した。

Fordは、3MおよびGEヘルスケアと提携して、同社の製造能力を活用し、医療機器やその他必要な物資の生産能力の拡大を支援。社内にある3Dプリンタを活用し、週10万個以上の使い捨てフェイスシールドなどの組み立てを計画。

Fordの設計チームは、ミシガン州レッドフォードにある同社の先進製造センターでフェイスシールド用3Dプリント部品を生産。最初に生産された1000枚のフェイスシールドは今週、デトロイトの病院でテストされた後、Fordの子会社 Troy Design and Manufacturing で毎週10万個単位の生産を予定。これらの個人用保護具は、新型コロナウィルス患者の治療に当たる最前線の医療スタッフに配布される。

更にFordは、特定の保護具部品生産に社内3Dプリンタを使用することを発表したことに加え、3Mと提携して同社の動力式空気清浄呼吸器(PAPR)設計の製造能力を増強。この取り組みの一環としてFordと3Mは、FordのF-150クーリングシートファンや3MのHEPAエアフィルターなどの既製部品を採用して、気流を改善し空気中の飛沫をろ過することを計画。この新しいPAPR設計をミシガン州の製造施設の1つで生産するため、生産量を増加させる方法を調査している。

GEヘルスケアとも提携するFordは、全国の病院で需要が拡大しているGEヘルスケアの人工呼吸器設計の簡易版となるモデルの生産拡大を支援。簡易版の人工呼吸器は、FordとGE両方の製造施設で製造することができる。

Fordはこの他にも、病院向け手術用マスクや人工呼吸器の確保など、新型コロナウィルスとの戦いを支援するため、さまざまな取り組みにも参加している。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る