ゴミ袋など透明素材なら何でも利用できる3Dプリント製フェイスシールド

身の回りの透明素材を使える3Dプリント製フェイスシールド「ANYTHING face shield」

韓国仁川を拠点とする工業デザインスタジオ mmm design studio は、身の回りの空き袋など、どんな物でもシールドに利用できる3Dプリント製フェイスシールド「ANYTHING face shield」を開発した。

「ANYTHING face shield」はその名の通り、使用済みのパスタ袋、菓子の空き袋、クリアファイルなど、透明性のある物なら何でも使えるように設計されている。

3Dプリント製のフェイスシールドフレームは、上下に大きなクリップが付いたメガネの形をしており、利用者が任意に選んだ透明な素材を簡単に装着することができる。

このフレームは、一般的なFFF/FDM方式の3Dプリンタ汎用素材でプリント可能な部品から構成されており、プリント後の各部品を組み立てて完成させる。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る