トヨタ、3Dプリンタを利用して医療用フェイスシールドを生産

トヨタは3Dプリンタを利用した医療用フェイスシールド生産で医療現場への支援を表明

トヨタ自動車ならびにトヨタグループ各社は、現在社会的な最優先課題となっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の抑制や医療現場の支援に向けて、自動車産業が持つ製造・物流面でのノウハウ、グローバルに広がるサプライチェーンを活かした様々な側面から対策を検討、迅速に取り組むことを表明。今後進めていく取り組みのひとつとして、新型コロナウイルスの感染拡大における喫緊の課題である抑制と医療現場の支援を目的に、3Dプリンタを利用した医療用フェイスシールド(防護マスク)を生産する。

トヨタは、医療現場にて不足する医療用フェイスシールドを、試作型や3Dプリンターなどで製作し、医療機関へ提供。具体的には、トヨタ自動車貞宝工場にて試作型による医療用フェイスシールドの生産準備を進めており、週500~600個程度から、生産を開始する予定で、グループ各社でも生産が可能か検討を開始した。

また、政府による自工会への調達協力要請を受け、トヨタ自動車のサプライチェーンを活用した医療用マスクや防護服、体温計など衛生用品の調達を支援。さらに、病院向けの簡易ベッド台、消毒液容器、医療機関等での簡易間仕切り壁など、医療機関にて活用可能な備品の供給を目的に、その可能性についてアイシン精機株式会社が調査を開始した。

トヨタグループは、海外においても医療用フェイスシールド(防護マスク)の生産および寄贈、マスク等の衛生用品の地元医療機関への提供や、TPS(トヨタ生産方式)のノウハウを医療関連企業に提供し、生産・物流面での生産性向上支援、医療機関等への車両提供など、各国・各地域の事業体が中心となり、政府をはじめとする地元の関係者と連携しながら可能な支援を検討し、順次対応を進めていくことを表明した。

ニュースリリース詳細:https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/32232844.html


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る