3Dプリント部品でカスタマイズされたHonda NX650 Dominator

3Dプリント技術で蘇る1991年製ホンダ NX650 ドミネーターベースのカスタムバイク

オーストリアのカスタムビルダー Vagabund Moto は、3Dプリント技術を利用して、1988年から2003年までホンダによって製造されていたデュアルスポーツバイク「ホンダ NX650 ドミネーター(Honda NX650 Dominator)」ベースのカスタムバイクをリリースした。

「V13」と名付けられたこのモデルは、1991年製のホンダ NX 650ドミネーターをベースに、3Dプリントで作られたボディパーツを採用し、ミニマリズムと機能性を融合させたカスタムオフローダーとして完成している。

ドイツ製高級メーター「motogadget mini speedo」を備えた燃料タンクをはじめ、リアエンド、エアフィルターカバー、インジケーターライトブラケット、ハンドルバースイッチハウジングなどをナイロン(PA 12)素材で3Dプリント。

多くの3Dプリント部品を備える「Vagabund Moto V13」は、オリジナルの644ccシングルエンジンを修理し、カスタムメイドのステンレス製マニホールドエキゾーストシステムと改良された「Akrapovic」マフラーで強化されている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る