世界初の3Dプリント製カーボンファイバー自転車フレーム

AREVO、世界初の3Dプリントカーボンファイバー製ユニボディバイクフレーム『EVE9』を発表

カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置くソフトウェア、材料、ロボット工学を活用したAdditive Manufacturing(以下 AM)技術の開発企業 AREVO は、自転車設計および製造メーカー Pilot Distribution Group BV(以下 Pilot)と提携し、世界初の3Dプリントカーボンファイバーユニボディフレーム採用の自転車『EVE9』を開発した。

AREVO独自のテクノロジーによって生まれたユニボディバイクフレーム構造は、複数の金属部品を溶接する既存のフレームとは対照的に、単一の部品として製造されたカーボンフレームで、従来のフレーム構造を凌駕する強度と安定性を実現。このフレーム製造のためのAMプロセスは、製品開発コストを大幅に削減しながら、僅か数日でフレームの設計と最終製造を可能にした。

PilotとAREVOは、2019年9月4日~7日までドイツの都市フリードリヒスハーフェンで開催される自転車ビジネスの世界的な展示会「Eurobike」で、3Dプリント製カーボンフレームのe-Bike『EVE9』を展示する。

2018年に発表された3Dプリントカーボンフレーム自転車のプロトタイプ


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る