米国デベロッパーが3Dプリント住宅の販売を開始

米国デベロッパー3Strands、テキサス州に複数の販売用3Dプリント住宅を建設中

米国カンザスシティのデベロッパーである 3Strands は、建設用3Dプリント技術を用いた米国初の商業用マルチハウスプロジェクトの一環として、テキサス州オースティンで3Dプリント住宅の販売を開始する。

3Strandsは、オースティンに拠点を置く建設用3Dプリンタメーカー ICON(アイコン)と提携し、アイコン独自の3Dプリント建設技術「Vulcanシステム」、ソフトウェア、先進的な材料を活用して、アメリカで最も急速に成長している都市の一つであるテキサス州イースト・オースティンに「East 17th St Residences」と呼ばれる、2~4ベッドルームを有する複数の3Dプリント住宅の建設を開始した。

発売予定の3Dプリント住宅は、アイコンのVulcanシステムを使用した最新の住宅建設プロジェクトで、屋根付きの大きなフロントポーチ、広いフロントヤード、屋根付き駐車場、自由な間取設計、オーダーメイドのインテリアデザイン、吹き抜けのマスターベッドルーム、北向きの大きな窓、高性能空調システムなどの機能を備えた住宅で、エネルギー効率の高い住宅の1階部分には、従来の建築材料よりも強度が高く長持ちするアイコン独自の先進的な材料を使用して3Dプリントされた構造を有している。
この3Dプリント住宅は、従来の住宅よりも火災、洪水、風などの自然災害に耐えられるように設計されており、わずか数週間で建設することができる。

共同設立者兼CEOのGary O’Dell氏は次のように述べている「私たちは、建築方法、所有方法、そしてコミュニティでの暮らし方を変えたいと考えています。このプロジェクトは、3Dプリント住宅などの新技術の限界を押し上げ、大きな一歩を踏み出したことを示しています。アイコンは、材料、市場投入までの時間、労働力など従来の建設よりもさまざまなコストを削減し、より良い住宅をより適切な価値で提供します。East 17th St Residencesは、大衆市場向け住宅建設の未来を象徴するものであり、この技術の大きな可能性を示しています。」


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

       

ページ上部へ戻る