ストラタシス、F123シリーズ向けカーボンファイバー材料発表

ストラタシス、製造工具・治具などのアプリケーション向けカーボンファイバー材料を発表

Stratasys(以下 ストラタシス)は、同社の工業グレードFDM方式3Dプリンタ「F123」シリーズ向けに、同プラットフォーム初のコンポジット材料であるABSベースのカーボンファイバー材料「FDM® ABS-CF10」を発表した。

カーボンファイバー材料は、治具、固定具、ツールなどの広範なエンドユース・アプリケーション向けの3Dプリンタでよく使用されているが、F123シリーズ(F170、F270、F370)3Dプリンタを活用するエンジニアリングや製造分野の顧客は、今回発表された新材料「FDM ABS-CF10」により、カーボンファイバーが使用しやすくなる。10%カーボンファイバーを充填した材料特性を有する「FDM ABS-CF10」は、標準ABSと比較して強度が15%、剛性が50%高く、金属より低重量で、高精度プリンティングを実現。また「QSR Support」可溶性材料の使用により、時間のかかる手作業でのサポート材除去を必要とせずに、極めて複雑なパーツの3Dプリンティングを可能にする。

防衛車両のエンジニアリングやシェルター製造のほか、軍用、民間、ビジネス用航空機の改装や改良を専門とする英国の企業 Marshall Aerospace and Defence Group は、広範なツーリング・アプリケーション向けに、ストラタシスの「Fortus 450mc」と「F370」の両プリンタを使用している。Marshall Aerospace and Defence Group の材料および環境エンジニアリング・マネージャであるChris Botting氏は「私たちが製造するすべてのツーリングの要件はさまざまで、多くの場合、それぞれに固有です」と述べ、さらに「F370 3Dプリンタにより、私たちは機能パーツを製造しながら、アプリケーションの要求に基づき広範な材料から柔軟に選択することができます。私たちがこれまで金属で製造してきたパーツを3Dプリンティングすることにより、アルミニウムから部品を機械加工する場合と比較し、パーツ全体の重量の低減と同時にコストの大幅削減が可能になりました。他のカーボンファイバー材料を使用する際と同様に、製造補助器具の製造でFDM ABS-CF10のメリットを実現できることを楽しみにしています」と語っている。

ABS-CF10は溶接固定具などのアラインメント・ツール向けに優れた剛性を提供

ストラタシスの内部分析によれば、ポリマー製治具や固定具向けのアディティブ・マニュファクチャリング市場は、2019年から2023年に年間成長率が過去4年間の2倍の14.2%となり、市場規模が約6億米ドルに成長すると予測されている。ストラタシスは「FDM ABS-CF10」材料により、特に航空宇宙、車載、産業、レクリエーション関連の製造分野のアプリケーションに注力。パーツ・アプリケーションとしては産業用ロボットで使用されるエンド・エフェクタ、昇降アシストや手工具などのエルゴノミクス補助器具、アセンブリ・ラインのアラインメント固定具などがある。
ストラタシスのマニュファクチャリング担当シニア・バイス・プレジデントDick Anderson氏は「3Dプリンティング・カーボンファイバー材料を活用するメーカーの増加には理由があります」と述べ、さらに「カーボンファイバー材料は強度と汎用性が高く、軽量です。私たちはFDMのすべてのお客様がこうした材料特性を活用できるようにしたいと考えています。FDM ABS-CF10の発表は、世界の製造業で3Dプリンティングの存在感を高める大きな一歩です」と語っている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る