イスラエル国防省が3Dプリント製ドローンを開発

イスラエル国防省と軍用機メーカーが完全に3Dプリントされたドローン「SkysPrinter」を開発

イスラエルの政府機関であるイスラエル国防省(Ministry of Defense 以下 MoD)は、イスラエルの主力航空機メーカーであり、イスラエル国防軍の軍用機などを製造するイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ (Israel Aerospace Industries 以下 IAI)と共同で、イスラエル国防省初の3Dプリント・ドローン「SkysPrinter」を開発した。

MoDとIAIが開発した「SkysPrinter」は、金属やナイロン、カーボンなどの複合材料から造られた26個の3Dプリント部品から構成されている。胴体長1.65m、翼幅1.5m、重量7kgの電動UAVの機体は、特別な工具など必要とせず、接着剤と留め具のみで簡単に組み立てることができる。

MoDの飛行技術部門は「SkysPrinter」の試験を行う部隊からのフィードバックを受け、従来の技術では考えられないような短時間でドローンをブラッシュアップし、SLS方式の3Dプリンタで改良された部品類を製造。より実戦に適したドローンの開発を迅速に行っている。

MoDは、3DプリントUAVシステムを米国防総省に提案し、研究のため米国政府から支援を受けて開発を進めている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る