DMM、3Dプリントフェイスシールド1万セット無償提供開始

新型コロナウイルス感染拡大における医療現場支援のためDMMが3Dプリントフェイスシールド1万セットの無償提供を開始

DMM.comは、DMM.make 3Dプリント事業において、医療機関からの要望に応じ、3Dプリント製フェイスシールド(顔面保護具)1万セットの部品生産、無償提供を4月22日より開始した。

現在、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大による医療危機、医療現場における防護具不足が深刻な問題となっており、フェイスシールドにおいても供給が追い付かない状況に陥っている。そんな中、3Dプリント技術はマスク、人工呼吸器、そしてフェイスシールドにも応用されており、医療器具不足等への対応策として国内外からも注目を集めつつある。

DMMでは、加賀市に日本最大級を誇る3Dプリンタ工場を有しており、3Dデータに基づく生産を自社工場で行うことが可能。この度、HPの「HP Jet Fusion」3Dプリントシステムを使用してフェイスシールド1万セット(セット内容:フレーム1個・取り換え用フィルムシールド1枚)を生産。準備が整い次第、順次、医療現場に無償提供を行っていく予定。なお、すでに横浜市立大学附属病院に120個、横浜市立大学附属市民総合医療センターに120個のフェイスシールドの提供を開始した。

医療関係者様からのお問い合わせ先

https://form.run/@dmmmake-face-shield/
※現在、受注については医療機関を優先して順次対応。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る