フィラメントメーカー、フェイスシールド製作用に4トンのPLAを寄付

フィラメントメーカー3D Printlifeはフェイスシールドの3Dプリント用に4,000kgのPLAを寄贈

米国のフィラメントメーカー 3D Printlife は、医療従事者向けの3Dプリントフェイスシールド生産を支援するため、4,000kgのPLAを寄付すると発表した。

この材料の量は、Prusaが無償公開するフェイスシールドを11万5千個以上3Dプリントするのに十分な量になると予想されている。その一環として同社は、メーカースペース、ファブラボ、サービスビューロ、3Dプリントの専門家等を募集。参加希望ユーザーは、2,000の病院や医療センターとの連携を図るため、同社の「COVID-19 Pandemic Support Center」への参加を必要としている。

米国で最も被害の大きかったニューヨークの3D Brooklyn、Covid Maker Response、Voodoo Manufacturingには、既に1,000kg分のPLAフィラメントが割り当てられており、この3つのグループはこれまでに、地元の病院や医療機関に6,000個以上のフェイスシールドを寄贈している。

さらに3D Printlifeは、3DPrinterOSと提携し、3D Printlifeサポートネットワークに参加しているメーカーに対し、プレミアムライセンスの割引料金を提供。
3DPrinterOSのプラットフォームは分散製造を容易にし、3D Printlifeの素材に推奨されるプリント設定を用いて、ワンクリックでプリントを可能にする。この合理化されたアプローチにより、ネットワークパートナーが、フェイスシールドを3Dプリントしやすくなり、全体的な生産量が増加する。

現在、3D Printlifeのライフサポートリソースは、PPEやその他のデバイスを必要としている2,000以上の病院や医療センターに接続されており、新型コロナウィル感染症(COVID-19)との戦いをサポートするため、同社のサポートネットワークに参加している3Dプリント業界メンバーに、PLAのスプールを無料で提供している。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る