シーメンス、AMネットワークを医療機関に開放

Siemens、自社展開のグローバルAdditive Manufacturingネットワークで医療従事者を支援

ドイツのバイエルン州に本社を置く世界有数のグローバルサプライヤー Siemens(シーメンス)は、Additive Manufacturing Network(以下 AMネットワーク)と社内の3Dプリント機能を世界中の医療従事者および関連機関が利用できるよう開放し、需要の高い医療部品の設計と製造を加速することを発表した。

シーメンスは、世界各地で混乱を引き起こしている新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策の一環として、医療機器への需要の高まりに対し、医療部品を必要とする病院やその他の医療機関からの設計・プリント依頼を効率的に管理するため「Siemens AM Network(シーメンスAMネットワーク)」を開放。これにより病院等の医療機関および医療関係者は、設計者や3Dプリントサービスプロバイダーに接続し、合理化された生産を実現するシーメンスAMネットワークへ無料でアクセス可能となる。
グローバルに展開するシーメンスAMネットワークには、多くの設計者とエンジニアが含まれており、依頼者からの設計要求を解決し、ファイルを3Dプリント可能なモデルに変換するのを支援。

設計された部品は、医学的に認証された3Dプリントシステムを備える現地のAMネットワーク・パートナーによってシミュレート、3Dプリント、仕上げ加工され依頼者へ提供される。また、シーメンス独自の3Dプリンタもネットワークに接続されており、地域の医療提供者からの要望に応えることができる。

シーメンス・デジタル・インダストリーズのCEOであるクラウス・ヘルムリッチ氏は「長年に渡りアディティブ・マニュファクチャリングに取り組んできた当社は、バリューチェーン全体に沿ったAMソリューションを提供しており、急な需要に応じて3Dパーツをプリントすることができます」と述べている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る