ポルシェ、3Dプリント製カスタムシートを発表

ポルシェ、3Dプリント製カスタムシート「3D-printed bodyform full-bucket seat,」を発表

フォルクスワーゲングループであるドイツの高級自動車メーカー ポルシェ(Porsche A.G.)は、3Dプリンティング技術とラティスデザインを活用したスポーツカー用シートの新しいコンセプトを発表。2020年5月からリリースされる「911」および「718」シリーズの純正アクセサリー「Porscque Tequipment」から提供を開始する。

「3D-printed bodyform full-bucket seat,」と呼ばれるこのスポーツシートのコンセプトは、プロモータースポーツ用シートのフィッティングクオリティを実現するため、3Dプリント技術を活用して顧客にパーソナライズされたカスタムシートを提供する。

スポーツカーにおいて、正確でスポーティなハンドリングを実現するには、シートのフィット感と快適さのバランスがとても重要になる。そこでポルシェは、発泡ポリプロピレン(EPP)で作られたベースサポートと、格子状にデザインされたポリウレタン素材の3Dプリント構造物を組み合わせたサンドイッチ構造を特徴としたシートを開発。顧客の好みに応じてカスタマイズされたスポーツシートを提供する。

3Dプリントされるシートレイヤーは、ハード、ミディアム、ソフトの3つの硬さから選択可能で、ドライバーの好みに合わせてカスタマイズできる。ポルシェの軽量フルバケットシートデザインに基づくカスタムシートは、空調用の穿孔パターン採用の「Racetex」外皮で覆われており、内部の3Dプリント格子構造を見ることができるウィンドウパネルが設けられている。

3Dプリント技術を採用した革新的なシート「3D-printed bodyform full-bucket seat,」は、従来のスポーツシートよりも軽量でありながら、デザイン、快適性、パフォーマンスの面で優れているという。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る