XEVの3Dプリント自動車が量産開始

XEVは中国の巨大工場で3Dプリント製電気自動車の量産を開始する

2018年春、中国の3Dプリント材料メーカーPolymakerと共同で、大量生産可能な3Dプリント「低速電気自動車(以下 LSEV)」を発表したイタリアのスタートアップ X Electrical Vehicle(以下 XEV)社は、2019年から中国江蘇省の巨大工場で、3Dプリント電気自動車の量産を開始することを発表した。
関連記事はこちら

LSEVと呼ばれる二人乗りコンパクトカーは、57個の3Dプリント部品とスチールシャーシ、ロールケージ、ガラス窓などの構造フレームなどの僅かな部品数から構成されており、数千個の部品で組み上げられる一般車両から大幅に部品数を削減。わずか3日間で完成させることができる。

従来の自動車製造では、サプライチェーン、金型、様々な製造プロセスの必要性から高額なコストを必要とするが、3Dプリント部品から構成されるLSEVは、3Dプリンタとデータを備える環境だけあれば生産が可能なため、製造コストの大幅な削減と在庫リスクを軽減することができる。また、部品点数を大幅に削減することで、廃棄材料を従来車両の70%程度まで減らすことも可能。

XEV社は、LSEV量産化に必要な堅牢で高温対応の工業用大判3Dプリンタを開発しており、PolymakerのWarp-Free技術によって強化された4種類のポリアミドとTPUを使用して部品を製造する。ポリアミド材料は、耐衝撃性および耐熱性領域に適用され、TPUはバンパーおよび他の内部機構に使用されている。

仕上げ加工について
一般的なFDM(FFF)方式で3Dプリントされる部品には積層跡が残るが、LSEVにはPolymakerとXEVが開発したVacuum Lamination(真空ラミネーション)と呼ばれる後処理が適用され、短時間で滑らかな仕上げ加工を実現している。
これは、3Dプリント直後の部品にポリアミドフィルムを重ね、真空成形に似た方法で部品を覆い積層跡を隠し、研磨や塗装の必要性を排除する技術であり、仕上げ加工の工数が軽減され、より高効率に3Dプリント部品の量産が可能となる。


真空ラミネーションプロセスを使用した3Dプリント部品

最初の注文者
LSEVの最初の注文者はPoste Italianeで、郵便物を運ぶための収納ボックスを備えたカスタム車両5,000台のオーダーを受けている。

このようなカスタマイズ車両については、Holiday InnやPizza Hutのような企業も注目しており、XEV社もエンジニアやデザイナーが新しいスキンや部品をアップロードし、顧客によってカスタマイズされた部品を簡単にオーダーできる「自動車ビルダープラットフォーム」の構築を計画している。

XEV社はこれまでに15台の3Dプリント車両のコンセプトモデルを生産しているが、2019年に量産化されるLSEV車については、8,000~10,000ユーロで出荷を予定。また同社は今後、セダンスやスポーツカータイプを含む、4種類の新型車両のリリースも予定している。

生産効率が高く、カスタマイズ性に特化した3Dプリント車両は、今後も増え続けることが考えられる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る