世界初のメイキャップ・プリンタが登場

世界初のポータブルメイキャッププリンタ「Mink」米国内で予約受付開始

2014年設立のコスメ関連スタートアップ Mink Beauty は、世界初のポータブルメイキャッププリンタ「Mink」を発表。2020年秋の発売に向け予約注文の受付を開始した。

本体重量は2.2ポンド(約1kg)のMinkは、専用アプリからInstagramなどのSNSやWeb上にアップされた画像をインポートし、写真内から任意に選択された部位を、専用の4色インク(1670万色の再現が可能なメイキャップパウダー)とシートを使用し、僅か15秒でプリントする。
専用シート上にプリントされたメイキャップパウダーは、FDA認証(FDA、cGMP、UL、UL-C、CEおよびFCCパート15、クラスBが含まれる)を受けており、一般的な化粧品と同等のメイク道具として利用することができる。

Minkは現在、公式サイトから予約注文(295ドル)を受け付けており、2020年秋から出荷開始を予定している。尚、現在の出荷対象地域は米国内のみとなっている。

  • 本体サイズ:8×6×4 インチ(20.32×15.24×10.16 cm)
  • 本体重量:2.2ポンド(約1kg)
  • 色数:1670万色
  • 接続:Mink App(iOSおよびAndroid)
  • 安全性:認証:FDA、cGMP、UL、UL-C、CEおよびFCCパート15、クラスB
  • 価格:予約注文分 295ドル(通常価格 395ドル)

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る