欧州最大の3Dバイオプリンティング施設

ポーランドの3Dプリンタ企業CD3Dはヨーロッパ最大の3Dバイオプリンティング施設を開設

ポーランドの3Dプリンタ企業CD3Dは、ポーランド中央部の都市ウッチに、ヨーロッパ最大の3Dバイオプリンティングセンターを開設した。

3D Biocluster(3Dバイオクラスター)と名付けられたこの新しいセンターは、ポーランド最大のラボ施設の1つである革新的技術開発支援施設「Bionanopark(バイオナノパーク)」の支援を受けて設立されたもので、CD3Dの医療部門「CD3D Medical」によって運営される。

バイオクラスターは、CD3D Medical用に特別に開発された、細胞の成長を支えるヒドロゲル材料の足場構造をプリントすることができる21台のポーランド製SKAFFOSYSバイオプリンターで構成されている。
バイオテクノロジーと医学に関連する革新的なプロジェクトを推進するためオープン性を採用するバイオクラスターは、ポーランド国内外の研究者やグループが、研究開発目的のための3Dバイオプリンティング工程を委託することができる。

将来的により高度な3Dバイオプリンタに対応するため拡張可能な3Dバイオクラスターは、生体適合性材料、細胞培養、再生医療などの研究や代替食品源の調査など、幅広い用途における生物医学分野に貢献することを目的としている。


関連記事​

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る