セイコーエプソンが産業用3Dプリンタを開発

セイコーエプソン、汎用材料が使用できる新しい産業用3Dプリンタを開発した事を発表

長野県諏訪市に本社を置く精密機器メーカー大手セイコーエプソン(以下 エプソン)は、独自技術により、様々なサイズや機能の工業部品を、汎用的な材料を使いながら、精度と強度を高いレベルで生産できる、新しい産業用3Dプリンタを開発。これにより、最終製品向けの部品生産など3Dプリンタの対象用途を大幅に広げ、多品種生産に対応するマスカスタマイゼーションの推進に貢献するとしている。

3Dプリンタは、少量多品種を短納期で生産できる特徴があり、各社が様々な産業用3Dプリンタの開発や市場投入を進めており、今後、市場の急拡大が予想されている。しかし、従来の産業用3Dプリンタは、専用の特殊な造形材料を使用する必要があり、また精度と強度を両立させた造形物の生産が困難であったため、最終製品向けの工業部品への活用が限定的となっている。今回、エプソンが開発した3Dプリンタは、エプソンの小型射出成形機に搭載されているフラットスクリュによる独自の材料押出方式を採用したことで、一般的に価格が安く入手しやすいペレット材(樹脂・金属)、環境に配慮したバイオマスペレット材、高い耐熱性を実現できるPEEK材など、様々な汎用材料を使用できることを特長としている。さらにヘッド内の圧力制御や造形速度と連動したバルブ調整により、材料の射出量を精密に制御するとともに、部品の強度を出す際に課題となる造形面の温度制御も独自機構により繊細に管理することで、造形部品の精度と強度の両立を実現。このように汎用材料で造形物の精度と強度を両立したことで、最終製品向けの工業部品への展開が実現しやすい仕様となり、顧客の個々のニーズにあわせた多品種部品をより高品質・短納期・低コストで生産するマスカスタマイゼーションの推進に貢献するとしている。

左)産業用3Dプリンター本体、右)フラットスクリュによる造形

今後同社は、社内において商業・産業機器などの一部部品の量産に活用しつつ、プリンタの完成度を高め、商品化を目指という。なお、今回開発した産業用3Dプリンタは、2022年3月9日から東京ビッグサイトで行われる「2022 国際ロボット展」のエプソンブースで展示予定。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る