ベントレー、3Dプリント生産能力拡大に300万ポンドを投資

ベントレー、3Dプリンティング機能を拡張し、多くの新コンポーネントを生産可能に

英国の高級車メーカーで、フォルクスワーゲングループ傘下のベントレー・モーターズ(Bentley Motors Limited)は、ベントレーの全モデルを製造している英国クルーの本社におけるアディティブ・マニュファクチャリング(以下 AM) の生産能力を倍増するため、300万ポンドを投資した。

最先端のAM設備は幅広い用途に利用され、2021年だけで15,000以上の部品を生産しています。この生産能力拡張により、先進技術を活用した3Dプリントによる部品生産や、お客様の車にさらなるパーソナライゼーションを施すことが可能になる。このような革新的なプロセスへの投資は、長期的かつ持続可能なビジネスモデルを構築し、技術進歩の最前線に立ち続けるというベントレーのビジョンを表す。

ベントレーの研究開発チームは、すでに3Dプリントに適した様々なアイテムを洗い出しており、中にはベントレーの象徴であるウッドショップの軽量サンディングブロックなど、製造現場のための補助ツールなどがある。また、ベントレー・ブロワー・コンティニュエーション・モデルのパーツを作るために必要な器具を歴史的に正確に複製したり、新型コロナの大流行によりフェイスシールドを作成し医療部門に提供してきた。AMは、実物大のパワートレイン・モデルや空力風洞モデルなど、いくつかのベントレー・プロトタイプの実際の部品の作成に採用されており、この高度な技術は、アメリカの過酷なパイクスピークチャレンジで走行した記録的なベントレーモデルの部品を製造する際にも使用されている。

ベントレーは、AM技術を用いた最新の手法により、製品開発のスピードがアップし、外注することなく多種多様なパーツを生産を実現。これは、事業のあらゆる側面を改革することにより、持続可能なモビリティのリーダーシップを目指すという同社の画期的なビヨンド100戦略の一環である。新たに導入された最新鋭のAM機器は、部品のコストを50%削減することができ、24時間稼働することで、25種類以上の材料で数千個の部品を生産することが可能。
現在、ベントレーの全従業員にAMのトレーニングが提供され、最先端のプロセスを業務に活用することでどのようなメリットが得られるかについて教育が行われているという。

ベントレーの製造部門担当役員であるピーター・ボッシュ氏は、次のように述べている。
「ベントレーのアディティブ・マニュファクチャリングへのアプローチは業界をリードしており、この設備は急速に我々の「ドリームファクトリー」構想の礎となりつつあります。主な利点の1つは、効率性を重視し、様々な仕事のコストと複雑さを削減することです。この最新の投資は、社内の従業員にも大きな影響を与え、製造プロセス全体の継続的な改善を促進するための高度なツールの作成に役立っています。将来的には、お客様のために部品をカスタマイズする能力を高め、すべての車に提供されるインディヴィジュアライゼーション・プログラムをさらに充実させるなど、この先進技術の進歩には大きな可能性があります。」


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る