抗ウイルス・抗菌機能3Dプリンタ材料

DIC、抗ウイルス・抗菌機能を有した3Dプリンタ向け熱可塑性プラスチックフィラメントを開発

DIC(旧 大日本インキ化学工業)は、国内初となる抗ウイルス・抗菌機能を有した3Dプリンタ向け熱可塑性プラスチック材料(フィラメント)を開発。2021年度中に販売開始予定。

抗ウイルス・抗菌機能を有したフィラメント

本製品は、国際標準化機構(ISO)が規格する抗ウイルス性および抗菌性の国際標準に準じた試験※において効果が確認されており、製品の表面に付着した特定のウイルスや菌の増殖を抑え減少させることが可能。

※ ISOによる性能試験法
・抗ウイルス試験法:ISO 21702
・抗菌試験法:ISO 22196(JIS Z 2801)

3Dプリンタ材料市場は、造形方法における技術革新の進展や材料の多様化・高機能化、造形品の試作品から最終製品へのさらなる適用拡大といった要因から大きく伸長しており、世界市場の成長率は、2018年から2023年まで年平均+21.2%で推移する見込みで、2023年の市場規模は約4,751億円になると予測されている(矢野総合研究所調べ)。
一方、新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況下においては、消費者の衛生面への関心の高まりから医療施設や公共施設だけでなく、日常生活のあらゆる場面においても、抗ウイルス・抗菌製品の使用を求める声が多くなっている。

3Dプリンタによる造形品のイメージ

このたび同社が開発した3Dプリンタ向けフィラメントは、抗ウイルス・抗菌機能を有した熱可塑性ポリウレタン樹脂(TPU樹脂)を採用。TPU樹脂は、柔軟性や耐摩耗性を有することから、フェイスシールドやマスクなど医療や衛生用途での活用が期待できる。それ以外にもウイルス感染対策が求められ、ユーザーのニーズに応じてカスタマイズが必要な造形品への展開が可能。今後は、電子・電気、スポーツ、日用品、住宅・建材、自動車など幅広い業界への展開を視野に入れ、2021年度中の販売を目指す。

DICグループは中期経営計画「DIC111」において、事業の質的転換と新事業の創出による事業ポートフォリオの転換を基本戦略に据えている。同社は3Dプリンタ用材料において、既に光造形用のコンパウンド材料を展開しており、熱可塑性プラスチック材料をラインナップに加えることで新たな事業の基盤化に向け邁進するとしている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る