ナノダイヤモンド配合フィラメント「uDiamond PLA」販売開始

3DFSナノダイヤモンド配合の高性能PLAフィラメント「uDiamond PLA」販売開始

世界中から厳選された3Dプリンタ用フィラメントをラインアップする3DFS(運営 アイディーアーツ株式会社)では、ナノダイヤモンド材料開発会社Carbodeon開発の人工ナノダイヤモンドを混合したPLAフィラメント『uDiamond PLA』の販売を開始しました。

Carbodeon社の「uDiamond PLA」フィラメントは、PLA(ポリ乳酸)に微細なナノダイヤモンド粒子(4-6nm)を配合したフィラメントで、官能基化されたナノダイヤモンド粒子とPLA樹脂との静電的な相互作用により層間接着性が向上。高い剛性と靱性により、耐磨耗性および耐衝撃性に優れた造形物を生成することができます。
また、材料に配合されるナノダイヤモンド粒子は球状のため、カーボン混合フィラメントなど他の高強度フィラメントと違い、3Dプリンタノズルを磨耗しません。

層間接着性が高く、造形後の表面は半光沢で滑らかな仕上がりに

更に、高い熱伝導性によりプリント速度の向上が期待でき、最大で500mm/sまでの高速プリントを実現(3Dプリンタ性能に依存)。プリント後の造形物は、HDT(荷重たわみ温度)95℃と耐熱性能にも優れ、アニーリング(推奨条件 110℃/1時間)後のHDTは約125℃まで上昇。アニーリング後も「寸法精度=0.25%」の高い寸法精度を維持します。

一般的なPLA同等の設定で高速プリントを実現(MOMENT S及びUltlimakerで検証)

uDiamond PLA 商品ラインアップ

ナノダイヤモンド配合フィラメント『uDiamond PLA』5M
ナノダイヤモンド配合フィラメント『uDiamond PLA』10M
ナノダイヤモンド配合フィラメント『uDiamond PLA 500g』

uDiamond PLAの特徴

  1. 最大500mm/s の高速プリント対応
    造形物の品質を維持しつつ、一般的なプリントスピードよりも速い速度でのプリントが可能。造形物の品質を損なわずにプリント時間の短縮、造形効率の向上が期待できる。
  2. 高剛性、高靱性
    ナノダイヤモンド粒子により造形物の構造が強化されるため、射出成形品レベルの強度を実現。造形物の耐磨耗性および耐衝撃性が向上。
  3. 高耐熱性
    一般的なPLAよりも耐熱性があり(荷重たわみ温度/HDT 95℃)、加熱後においても高い寸法精度を維持。
  4. ノズル等へのダメージが無く層間接着性が高い
    ナノダイヤモンドは球状かつ4-6nmの極小サイズのためm、潤滑性が有りフィラメントの押し出し部やノズル部の磨耗の心配がない。
    層間接着性が高く、滑らかな仕上がりを実現。
  5. PLA同等の扱い易さ
    uDiamond PLAフィラメントは、一般的なPLA同等の扱い易さで、低毒性、生分解性等の性能を併せ持つ。

推奨プリント条件

  • 推奨プリント温度:220°C〜240°C(プリント速度によって異なる)
  • 推奨プリント速度:50〜500mm/s
  • 推奨ヒートベッド温度:0℃〜50℃
  • 熱変形温度:95℃
  • 真円度:95 %

引張強度(引っ張り強さ)

試験用3Dプリンタとパラメーター

  • 3Dプリンタ:Mass Portal XD30 FDM printer
  • フィラメント径:1.75 mm
  • ノズル:0.8mm steel
  • プリント層の厚み:0.37 mm
  • ヒートベッド温度:60 ℃
  • プリンティング(押し出し)温度:252 ℃
  • プリント速度:55 mm/s
特性 基準 測定値
密度 ISO 1183 1.27 g/cc
引張強度 ISO 527 43.5 Mpa
引張弾性率 ISO 527 6300 Mpa
破断伸び ISO 527 3.2 %

※ 試験に使用した板状サンプルは、ISO 527-1Aに準拠したMass Portal delta 3D printerを使用し造形。 造形した板状サンプルは、VTT(Technical Research Centre of Finland)にてISO 527 5mm/min tensile strength 装置にて測定。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る