リサイクルプラから3Dプリントされた家具

欧州デザイナー、プラスチック廃棄物からリサイクルされた3Dプリント家具の販売を開始

ベルギーのデザイナーでアーティストの joachim froment は、プラスチック廃棄物からリサイクルされた材料を使用したサスティナブル家具の最新コレクション「Strat」を発表。2019年末より受注生産を開始した。

All Photo:joachim froment

「Strat」は、ベルギー国内で排出されたプラスチック廃棄物からリサイクルした材料を使用して3Dプリントされた家具で、コレクションにはチェア(400ユーロ)、ラウンジチェア(600ユーロ)、スツール(200ユーロ)、ローテーブル(700ユーロ)、ダイニングテーブル(2800ユーロ)がラインアップされている。

この家具コレクションは、ベルギーに本拠を置く3Dプリンタスタートアップ Colossus が開発した世界最大級の移動式3Dプリンタ「Colossus 3D Printer」を使用し、プラスチック廃棄物が発生する場所に輸送して、移動先である地元のリサイクル素材から3Dプリントされるサスティナブルなサービスの提供を目指している。
関連記事:世界最大級の移動式3Dプリンタ『Colossus FGF 3D Printer』

有機的なデザインの3Dプリント製家具は、中断されることなく連続してプリントされ、実使用に対応した十分な強度を有しながら制作時間とエネルギーコストを節約することができる。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る