3DフードプリンタメーカーbyFlowが生産体制を拡大

byFlowはVDL Apparatenbouwと提携し3Dフードプリンタの生産体制を強化

独自の3Dフードプリンタを開発・販売するオランダの3Dプリンタメーカー byFlow は、オランダ・アイントホーフェンを拠点とする国際的な工業製品会社 VDL Groep(以下 VDLグループ)傘下で、VDLグループの電子機器開発部門 VDL Apparatenbouwと提携し、byFlowのフードプリンタ「Focus 3D Food Printer」の生産規模を拡大することを発表した。
この提携によりVDLグループは、VDL Apparatenbouwの生産工場で、3Dフードプリンタの製造と組み立てを開始する。

大手メーカーが開発に苦慮しプロジェクトが頓挫する中、世界で唯一と言っても過言ではない実用レベルの性能を有するフードプリンタをラインアップするbyFlowは、2015年に設立された家族経営の小規模企業で、プロの料理人、仕出し業者、学校、研究開発施設等の食品業界をターゲットに、独自の3Dフードプリンタ「Focus 3D Food Printer」を販売している。

プロの料理人とのコラボレーションなど、独自のフードプリント技術を開発してきたbyFlowは、今回のVDLグループとの提携を機に、自社のプラットフォームをベースとした新しい3D食品技術の研究に注力する。

宇宙開発、介護、食糧不足問題など、食にまつわる様々な課題に対応できる有効な手段として、世界的に注目されているフードプリント技術だが、ハードウェアや最適な材料の開発、衛生面に関する問題など、実用可能なプリントシステムを提供できるメーカーが限られているが、byFlowは実用レベルのフードプリントシステムを提供できる数少ない事業者のひとつである。

byFlow 製品の購入方法について

日本国内に正規代理店を持たず、国内での利用が困難なbyFlow製品ですが、id.arts(アイディーアーツ株式会社)では、独自のルートによりbyFlow社と交渉済みで、byFlowの3Dフードプリンタ「Focus 3D Food Printer」を入手することが出来る国内唯一の事業者です。
同製品に関する詳細や導入についてご相談がある方は、こちらのCONTACTフォームよりお問い合わせください。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る