安価なチョコレート3Dプリンタ「mycusini」

198ユーロのチョコレート専用3Dプリンタ「mycusini」が6月4日Kickstarterからローンチ

2014年にドイツで設立されたフード3Dプリンタのスタートアップ Print2Taste は、2019年6月4日に新たなフード3Dプリンタとして、チョコレート材料専用の3Dプリンタ「mycusini」をKickstarterからローンチする。

2015年にKickstarterから最初のフード3Dプリンタ「Bocusini」をローンチさせたPrint2Tasteは、3年以上の歳月を掛け、チョコレート材料を専門とするチョコレート3Dプリンタ「mycusini」を開発。
mycusiniは、特別に開発されたカートリッジ式のエクストルーダーやプラットフォームの位置決めなどの機能を採用し、3Dプリンタ初心者でも簡単にチョコレートプリントを実行できるよう設計されている。

19×19.5×27cmと、一般的なコーヒーメーカー程度のコンパクトな筐体は、キッチンにも設置しやすいサイズで、ユーザーは100以上のオブジェクトを持つテンプレートライブラリへ無料でアクセスし、手にした直後から直ぐにチョコレートプリントを楽しむことができる。

Kickstarterからローンチする「mycusini」3Dプリンタの予定価格は198ユーロ(約24,000円)で、エントリーレベルとなるこのバージョンには、チョコレート専用3Dプリンタ「mycusini」本体、専用アプリ「3D Choco Refills」、豊富なテンプレートライブラリおよび独自の3Dテンプレートを実現できる多数のアプリケーションへの無料アクセス権が含まれている。

また、近年のKickstarterキャンペーンにおいて、開発の遅延や提供不能などのトラブルを起こすハードウェアが多数発生していることを受け同社は、Kickstarterで利用可能なmycusiniの最大数を制限。確実に支援者に商品を提供することを約束している。

mycusiniの正式なキャンペーン開始日はドイツ時間の6月4日午前10時30分で、詳細については後日改めて当メディアにて紹介する。


関連記事​

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る