Voxeljet、ロシアとの取引を停止

Voxeljet、ロシアによるウクライナへの攻撃を受けロシアとの取引を停止

ドイツのフリートベルクに拠点を置くサンド&ポリマーバインダージェッティングの3Dプリントプロバイダー Voxeljet は、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ロシアおよびベラルーシの顧客に対する新製品の販売、スペアパーツおよび関連サービスの一切を提供しないことを決定した。

この決定は、EOS、3D Systems、HP、Zortraxなど世界有数の3Dプリンティング企業による同様の措置に追従するものであり、ロシアおよびベラルーシ内にある同社顧客に対し、製品およびサービスを停止するものとしている。(緊急医療用途に限り例外を認める)
関連記事:3Dプリント企業各社、ロシア企業との取引を停止

VoxeljetのCOO兼CFOであるRudolf Franz氏は「この決断は、我々にとって簡単なものではありませんでした。しかし、ここ数日のロシアおよびベラルーシ政府による信じられないほど残忍で耐え難い行為を見て、ロシア・ベラルーシにおける活動を改めることは避けられませんでした。我々はウクライナの人々のために最善を尽くし、この困難な時期にウクライナの販売代理店とお客様をできる限りサポートするよう努力します」と述べている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る