BMF 最新ケーススタディVol.6

BMFの精密3Dプリンティング技術を使ってマイクロロボットを製造

小型化がますます重要になる現在、マイクロロボットの製造と組み立ては非常に広く注目されている。 しかし、ミクロの世界では、ほとんどの組立技術はマイクロモジュール(微小モジュール)を単純に並べることしかできず、全体を強固に組み立てることは困難である。
最近では、BMF 社の精密3Dプリンティング技術を使って50μm以下の微細な部品を作り、特殊な方法で面白いロボットに組み上げる研究者も出てきている。

本研究は、ACS Applied Materials & Interfaces誌に「Integrated Assembly and Flexible Movement of Microparts Using Multifunctional Bubble Microrobots」というタイトルで発表された。

ロボットの組み立ての手順を以下の4ステップにまとめて提案

  1. マイクロモジュールを近接配置させる。
  2. 特殊なバブル(気泡)を使い、片方のモジュールを持ち上げる。
  3. 別のバブル(気泡)で、もう一方のモジュールを持ち上げているモジュールに向かって押す。
  4. バブル(気泡)を取り除くことで、持ち上げられたモジュールがゆっくりと下がり、2つのモジュールが組み合わされる。

同じ手法で作られた小型ロボット


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る