Victrex社、AMに最適化したPAEKフィラメントをリリース

Victrex、AMに最適化したPAEKフィラメント「VICTREX AM 200 PAEK」をリリース

高性能ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)およびポリアリールエーテルケトン(PAEK)ポリマーソリューションのグローバルリーダーである Victrex は、Additive Manufacturing(以下 AM)のために特別に開発された新しいPAEKフィラメント「VICTREX AM 200 PAEK」をリリース。
フィラメントとパウダーベースのAMプロセス用に開発された新しいAM PAEKフィラメントは、高性能3Dプリント材料、AM製造ソリューションサプライヤーであり、世界有数のハイテク企業である中国の INTAMSYS から提供される。

PAEKおよびPEEKの優れた機械的特性は高性能部品に適しているが、これまでの技術では3Dプリント部品として完全に実用化することは困難とされてきた。今回新たにリリースされたVICTREX AMフィラメントは、AMに特化して設計・最適化されており、PEEKプリントに対する課題に対応するため設計されている。

今回 INTAMSYS では、新材料「VICTREX AM 200 PAEK」の物理的・機械的性能試験を実施するため、同社のスマートデュアルノズル3Dプリンタ「FUNMAT PRO 410」を含む様々な3Dプリンタを使用して実施。この工業グレード向け高温3Dプリンタ「FUNMAT PRO 410」は、最大305×305×406mmまでの部品をプリント可能で、PEEK、PEEK-CF、PEKK、PC、PC-ABSなど様々な高機能材料のプリントに対応している。

またこれまでの検証結果から「VICTREX AM 200 PAEK」フィラメントは、他のPAEK材料と比較して、外気(低剪断速度)での高流動化により、プリント時の層間接着性や安定性が向上し、プリントの容易さ(収縮や反りが少ない)、FDM方式3Dプリントへの適合性の高さを証明した。
また、INTAMSYS は、Victrex が提案するフィラメントフュージョンネットワークに参加した最初の企業となった。このネットワークは、PAEKポリマーをベースとした革新的で高性能な、VICTREX AM材料の使用を促進することを目的としており、AM部品の高温耐性と優れた機械的特性を要求される用途向けに設計されて開発された材料ソリューションも含まれる。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る