SOLIZEとHP、NISMO補修部品を3Dプリント

SOLIZEとHP、NISMOヘリテージパーツの補修部品を3Dプリンティングで生産可能に

SOLIZE と HP は、デジタルマニュファクチャリングを推進するための長年のパートナーシップを継続し、日産自動車の生産終了となったヘリテージ車両の補修部品の共同開発とオンデマンドによる製造を開始することを発表。両社は、日産自動車が取り組む「NISMOヘリテージパーツ」において、3Dプリンティングによる補修部品の設計と製造を初めて実現した。

SOLIZEは、日産自動車と3Dプリンタによる生産に適した部品選定を行った後、HPと協力の上、HP独自の3Dプリンティング技術である「Multi Jet Fusion」プラットフォームが提供する高度な機能を活用して部品の設計と製造の最適化を行い、高品質の商用部品の製造を実現。3Dプリンティングを使用した理想的な部品として今回初めて復刻生産されるのは「R32型 スカイライン GT-R」のハーネス用プロテクター(樹脂部品)で、高い機械的特性と設計の柔軟性を提供する「HP High Reusability PA11」を使用して製造された。

持続可能な生産により、サプライチェーンを再構築
自動車メーカーは、修理や部品交換を容易にするため、車の交換部品を長期にわたり提供することが求められている。製造中止、モデルチェンジまたはオーバーホールされた車両の部品の製造または保管のために、自動車メーカーは金型を保持し、在庫の保管や物流を管理する必要があるため、費用がかかり課題となっている。デジタルマニュファクチャリングと3Dプリンティングにより、コストを削減しながら複雑な部品の需要を満たす柔軟な設計と持続可能な生産システムが可能になり、オンデマンドの3D生産は、製品のライフサイクル全体を通じて産業廃棄物と二酸化炭素排出量の削減に貢献する。

NISMOヘリテージパーツについて
全世界的なヘリテージ市場の拡大と顧客からの部品供給・メンテナンスへの支援要望の増大に対して、日産自動車は「NISMOヘリテージパーツ」を常に進化させ、2017年12月より発売を開始し、すでに生産終了となっている日産のヘリテージカーのカスタマーサポート、維持、復刻再生産部品を提供。日産自動車が顧客のニーズを満たす支援のため、SOLIZEとHPは、スカイラインGT-R R32型/R33型/R34型用の補修部品の開発を支援。

HP Inc.の3Dプリンティング&デジタルマニュファクチャリングのグローバルコマーシャルビジネス責任者であるJon Wayne氏は、次のように述べている「日産自動車をはじめ業界をリードする企業は、交換部品の保管、金型、物流にかかる
コストへの影響を認識し、産業用3Dプリンティングの活用を検討されています。デジタルマニュファクチャリングは、生産を加速し、サプライチェーンを変革し、自動車業界など産業を活性化するための実行可能な長期ソリューションです。HPはSOLIZEと協力して、企業がデジタルマニュファクチャリングにより持続可能な製造へ変革することを支援してまいります。」

SOLIZE代表取締社長CEOである宮藤氏は、次のように述べている「SOLIZEは、国内で最初に3Dプリンターを導入して以来30年以上の経験を蓄積し、技術を磨いてまいりました。この度、製造中止された商用部品において、日産自動車様と3Dプリンティングの技術を共同開発し、部品の製造を担います。市場をリードするHPの3Dプリンティングテクノロジーを活用することで、自動車業界をはじめとした産業において高速、高品質、費用対効果の高い結果をもたらす持続可能な生産をサポートすることができます。」

日産自動車株式会社 専務執行役員であるKent O’HARA氏は、次のように述べている「世界で最も情熱的な自動車愛好家である私たちのヘリテージ車両のお客様がこれからも長く愛車に乗り続けていただくために、私たちはできる限りのサポートをしてまいります。その達成のために、SOLIZEとHPが持続可能な方法で私たちを支援していただけることをうれしく思います。」


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る