ランボルギーニが3Dプリンタで量産部品を製造

CarbonとLamborghiniは新型SUVランボルギーニ・ウルスに実装される量産部品を開発

高速3Dプリント技術「Continuous Liquid Interface Printing(CLIP)」テクノロジーで業界をリードするCarbonは、イタリアの高級スポーツカーメーカーLamborghini(以下 ランボルギーニ)と提携し、ランボルギーニの高級SUV『Lamborghini Urus(ランボルギーニ・ウルス)』の量産部品を生産するための戦略的パートナーシップを発表した。

ランボルギーニは、Carbonのプラットフォームを使用した部品製造を実現するため、親会社であるVolkswagen(フォルクスワーゲン)のElectronic Research Labと緊密に協力。両社はプロセス開発で協力し、従来よりも耐久性のある軽量部品を製造するという最終目標を掲げ、膨大な数の自動車の内装部品、ミラーアセンブリ、およびアクセサリー部品を評価。

様々な検証を経たランボルギーニは、Carbonの「Digital Light Synthesis(DLS)」技術とCarbon独自の「EPX 82 エポキシ」樹脂材料を使用し、エアダクト用のクリップコンポーネントとテクスチャー加工された燃料キャップ部品を製造。高圧、高温への耐性と衝撃性に優れこれらの部品は、2018年からリリースされたランボルギーニ・ウルスで使用される。


3Dプリンタで製造されたランボルギーニ・ウルスの燃料カバーキャップとエアダクト部品

ランボルギーニの調達責任者は「我々は、デジタル加工技術を用いた量産部品製造に大きな期待を寄せています。Carbonとの提携により、耐久性のある部品をよりスマートに生産することが可能となり、市場投入までの時間を大幅に短縮することができました。」と語っている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る