3Dプリンティングセラミック市場調査レポート

市場調査会社、3Dプリンティングセラミック市場が2027年までに3億700万ドルに達すると予想

市場調査レポートプロバイダー Report Ocean は、最新の「3Dプリンティングセラミック市場調査レポート」において、世界の3Dプリンティングセラミック市場が2027年までに3億700万ドル(約318億円)、CAGR(年平均成長率)15.2%に達すると予測するレポートを発表した。

市場概況

最新のレポートは、 成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、3Dプリンティングセラミック産業の脅威など、主要な市場のダイナミクスに焦点を当てている。
3Dプリンティングに使用されるセラミックは、標準の3Dプリント材料と比較して優れた品質を備えており、粘土や磁器などの古典的な陶器(セラミック)は、摂氏1,700度または華氏3,092度までの温度に耐えることができる。更に、ターコイズやオイスターブルーなど魅力的で微妙な色合いを提供するなど、3Dプリンティングセラミックは、食品および飲料業界の食器や家庭用装飾品への活用も広がっている。

市場の推進要因と抑制要因の見通し

製品の改善の増加と歯科用途での3Dプリントへの需要の急増は、3Dプリンティングセラミック市場の主な推進力とされている。金属やプラスチックに比べ、セラミックは硬度の傾向が低く消費量が少ないため価値が高いが、技術的に不十分なため市場の成長が抑制されている。さらに市場での地位を維持するため多くのエンドユーザー産業による研究開発投資は、3Dプリンティングセラミック市場の成長に有利な機会を提供する。

市場セグメントの範囲

市場は、テクニカルセラミックとクラシックセラミックの2つのタイプに分かれており、フォームによる市場は、フィラメント、粉末および液体に分割されている。この市場は、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、自動車、電子機器などに活用されている。地域ごとの市場では、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋で成長しており、北米地域はさまざまな最終用途産業でセラミックの使用が増加しており、世界の3Dプリンティングセラミック市場で大きな地位を占めると予想されている。また、アジア太平洋地域の3Dプリンティングセラミック市場は、自動車、消費財および電子産業での生産活動の増加に起因する最も速い速度で成長すると予想されている。

競合分析

世界の3Dプリンティングセラミック市場で活躍する企業には、3D Ceram、Admatec、The Exone Company、Kwambio、Lithoz GmbH、Prodways Group、Voxeljet AG、Steinbach AG、Tethon 3D、EnvisionTEC が含まれ、これらの市場プレーヤーは競争力を維持するため、製品の発売、パートナーシップ、合併、買収などのさまざまな戦略を採用。その一例として Prodways は、中国で開催された「International Additive Material Exhibition 2018」で、新しい「Movinglight V10」セラミック3Dプリンタを発売。このシステムは、ジルコン、アルミナ、ヒドロキシアパタイトなどの工業用セラミック材料を使用した部品のプリントに対応している。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る