武藤工業、新型高精細3Dプリンタをリリース

武藤工業、高精細光造形方式3Dプリンタ「ML-100」「ML-80」の2機種を新発売

MUTOHホールディングス 傘下の 武藤工業 は、高精細な光造形方式3Dプリンタ「ML-100」と「ML-80」の2機種を、2019年9月20日より受注開始する。

今般発売の「ML-100」「ML-80」は、樹脂の硬化にUV光を使ったFullHD対応のDLPを採用し、積層造形に吊下げ方式を採用することにより、高精度でコンパクトな造形装置を実現。販売の中心となる「ML-100」はXY 50μの解像度を持ち「ML-80」より大きな造形サイズを有し、幅広い製造業での精細な部品試作などに適しており、「ML-80」は40μの解像度で緻密な宝飾品デザインなどに適している。

本体はPCとの常時接続が不要なためスタンドアロンで使用可能で、造形に必要なデータはPCで作成後にUSBメモリーで本体に取り込み、造形作業は本体のタッチパネル上で操作を選択する。
「ML-100」および「ML-80」は、MUTOHスライサーソフトにより造形をより平滑化させることが可能となり、高精細工業製品に求められる寸法精度や嵌めあいの検証はもちろん、滑らかな表面が求められる造形物を実現。

 

「ML-100」および「ML-80」スペック

  • 型式:ML-100、ML-80
  • 造形方式:DLP方式(光造形法)
  • 最大造形サイズ(X×Y×Z mm)
    ML-100:96×54×130
    ML-80:76×42×130
  • XY 解像度(μm)
    ML-100:50
    ML-80:40
  • Z 軸解像度(μm):25、50、100
  • 光源:LED(波⾧ 405nm)
  • サポートOS:組み込みシステム
  • 入力データ形式:STL
  • 表示部、操作部:7インチLCD タッチパネル
  • データ入力:USB メモリー経由 (前面端子)
  • 造形ソフト:装置にインストール済
  • スライサーソフト:Mutoh Slicer_J(サポート付与ソフトはスライサーソフトに含む)
  • 外形寸法(L×W×H mm):400×390×570
  • 本体質量(Kg):34
  • 消費電力(W):動作時:46 待機時:8
  • 付属品:ACアダプター、インストール用USBメモリー(Mutoh Slicer_J、取扱説明書)、Mutoh Slicer_J USBロックキー
  • 価格:各々230万円(税別)

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る