次世代小型3Dプリンタ「Adventurer 3」

最新機能を搭載し低価格化と小型化を実現したエントリーレベル3Dプリンタ『Adventurer 3』

高性能なデスクトップタイプ3DプリンタをラインアップするFLASHFORGE(フラッシュフォージ)社は、次世代のエントリーレベル3Dプリンタ『Adventurer 3(アドベンチャー 3)』をリリース。3Dプリンタ専門ショップ「3DSP id.arts」にて予約受付けを開始した。

Adventurer 3 予約はこちら https://3dprinter.idarts.co.jp/items/11662590

Adventurer 3は、FLASHFORGE社が新しくリリースした次世代のデスクトップ型エントリーレベル3Dプリンタで、これまでに発売されてきた同社製品の中で最もコンパクトな筐体ながら、最小積層ピッチ50ミクロンの高精度と、幅150mm×奥行150mm×高さ150mmの造形エリアを実現。
初心者にも便利な機能が複数搭載されており、3Dプリンタのエントリーモデルとして相応しい製品仕様となっている。

Adventurer 3 の特徴

設置場所を選ばないコンパクト設計
既存のFLASHFORGEシリーズ中、最もコンパクトであった「Finder」よりも一回り小さい筐体のAdventurer 3は、幅150mm×奥行150mm×高さ150mmのプリントサイズを実現。本体重量も9kgと非常に軽量で、一般家庭、小規模オフィス、教室などへの設置にも適している。

超静音設計
稼働音45デシベルの超静音性を実現。3Dプリント中の騒音に悩まされず、どんな場所にも設置しやすい。

フィラメント検出機能
造形中にフィラメント切れが生じた際、その時点で一時停止してフィラメントの継ぎ足しによる造形の再開が可能。造形途中でフィラメントが無くなってしまっても安心。

ワンプッシュで取り外し可能なノズル
ワンプッシュでノズルが取り外せるため、万が一フィラメントがノズルに詰まっても、自力で簡単にメンテナンスが可能。

加熱式軟性プラットフォーム
新設計の加熱式プラットフォームは、PLAやABSなどの材料に対応。更に、柔らかく着脱可能なプラットフォームは、造形物を簡単に取り外しできるため、作業効率を飛躍的に向上させている。

キャリブレーション不要
特許取得済みのエクストルーダーの構造により、面倒なキャリブレーション(水平出し)作業が不要。初心者が陥りがちな、不適切な水平出しによるプリントの失敗が無い。

カメラ機能でリアルタイム監視
Adventurer 3の本体内部には、インターネットに接続可能な高画素カメラが搭載されているため、遠隔地でもスマートフォンなどからリアルタイムに造形中の様子をモニタリングすることが可能。

製品仕様

  • 製品名Adventurer 3(アドベンチャー 3)
  • プリント方式:FDM(熱溶解積層法)
  • ホットエンド:240度まで
  • エクストルーダー:ワンプッシュ取り外し可能シングルヘッド
  • 造形精度:0.05mm~0.3mm
  • ノズル径:0.4mm
  • プリント速度:40-100mm/s
  • プラットフォーム:曲がるホットプレート(100度まで加熱可能)
  • プリント最大サイズ:幅150mm × 奥行150mm × 高さ150mm
  • 本体サイズ:幅388mm × 奥行380mm × 高さ405mm
  • 本体重量:9kg
  • 対応フィラメント:ABS、PLA、HIPS、PVA、PP、PET、高耐熱性PLAなど
  • 対応データ形式:3MF、STL、OBJ、FPP、BMP、PNG、JPG、JPEGなど
  • ソフトウェア:FlashPrint(日本語)
  • PCシステム環境:Linux、OSX、Windows7/8/10
  • 接続方法:USBケーブル、WiFi接続、フラッシュメモリ、イーサネット
  • 付属品:3Dプリンタ、電源ケーブル、USBケーブル、ソフトFlashPrint、フィラメント1リール
  • 保証:購入後1年間
  • 発送開始時期:7月中旬より順次発送予定

※ 購入後一カ月以内の送料は弊社負担。一カ月を過ぎた商品の発送費は、お客様のご負担となります。
※ 日本語取扱説明書(マニュアル)と日本語ソフトはオンライン上からのダウンロードとなります。

Adventurer 3 予約受付はこちら https://3dprinter.idarts.co.jp/items/11662590


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る