XYZprintingは音声制御可能な3Dプリンタを発売

XYZprintingは音声制御に対応した最新機種『da Vinci Color AiO』に関する技術仕様と価格を発表

台湾の3Dプリンタメーカーで、コンシューマー向けデスクトップ機で大きなシェアを有するXYZprintingは、3Dスキャン機能を搭載したオールインワン3Dプリンタに、音声制御機能を追加した最新機種『da Vinci Color AiO』をリリースした。

前身である「da Vinci 1.0 AiO」のアップグレードモデルとなる「da Vinci Color AiO」は、同社のフルカラー3Dプリント技術に加え、音声制御システム、3Dスキャン、レーザー彫刻機能などを搭載した統合型3Dプリンタとなる。

XYZprintingの3Dカラージェット技術は、昨年リリースされたフルカラー3Dプリンター「da Vinci Color」のプリント機能に準ずるもので、専用の着色用PLAフィラメント上に、CYMKカラー液滴をインクジェット方式でスプレーし、1,600万超のフルカラープリントを実現している。

今回新たに追加した「AiO システム」では、3Dプリントジョブの準備、一時停止、キャリブレーション、ステータスの更新や、XYZ 3Dギャラリーからモデルを検索したり、プリンタのメンテナンスなどを音声制御することができる。

また、AiOには写真測量技術に基づく3Dスキャン機能の他、da Vinciシリーズ上位モデルでは馴染みのあるレーザー彫刻機能(オプション)にも対応しており、紙、ボール紙、皮革、木材、プラスチックなどの材料に、レーザー刻印を施すことができる。

da Vinci Color AiO 仕様

  • ビルドボリューム
    標準プリント領域:200 x 200 x 150mm
    フルカラープリント領域:184 x 185 x 150mm
  • レイヤー解像度:100〜400ミクロン
  • 本体重量:34 kg
  • 対応材料:3Dカラーインクジェット用PLA / PLA / PETG
  • フィラメント径:1.75mm
  • プリント速度(最大):180mm/s
  • スキャン技術:Photogrammetry 3D
  • スキャン解像度:5Mピクセル
  • スキャンサイズ:140×140mm
  • スキャンソフトウェア:XYZscanカラー
  • レーザー刻印機:オプション
  • 彫刻エリア:20cm×20cm
  • レーザー波長:450nm + 5nm / -10nm InGaN

da Vinci Color AiOは、XYZprintingのパートナーおよび再販業者のネットワークを通じ、2018年9月から発売を開始。推奨小売価格は2,699ポンド(約418,000円)となっている。
また同社は、9月5日までベルリンのMessedammで開催中の世界最大コンシューマーエレクトロニクスショー「IFA 2018」で、da Vinci Color AiOを展示している。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る