クリアファイル使用の3Dプリントフェイスシールド無償提供開始

医療系ベンチャーが3Dプリンタとクリアファイルを活用した医療用フェイスシールドを製作、医療現場への無償提供を開始する

3Dプリンティング技術を用いた製品の開発を行う医療ベンチャー ジャパン・メディカル・カンパニー は、新型コロナウイルスの感染拡大による医療器具不足の解消に向けた取り組みのひとつとして、3Dプリンタを用いた医療用フェイスシールド(顔面保護具)の製作を開始。2020年4月14日から、医療現場に試作品(初回500個)の無償提供を実施する。

 

新型コロナ流行による医療器具不足の解決策として注目を集める3Dプリンタ

現在、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、医療器具不足が深刻な問題となっており、その器具のひとつが、防護用フェイスシールドである。フェイスシールドとは、顔面全体を覆う防護具で、眼部・鼻腔・口腔粘膜を同時に防護することができるため、医療従事者や未感染の患者を新型コロナウイルスの脅威から守るうえで非常に重要な医療器具とされている。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大による需要増加に伴い、現在は供給が追い付かない状況に陥っている。そこで今回、ジャパン・メディカル・カンパニーでは、3Dプリント技術を用いた医療従事者向けフェイスシールドの製作を開始。

現在、3Dプリント技術は、防護用フェイスシールドをはじめ、マスク、人工呼吸器などにも応用されており、医療器具不足の解決策として海外でも注目を集めている。こうした中、同社では、新型コロナウイルス感染症の検査・治療にあたる医療現場の支援を目的とした取り組みのひとつとして、3Dプリンタを用いた防護用フェイスシールドの製作を開始。素材には、シールド部分に適している、透明度の高いPETを使用したコクヨの「レールクリヤーホルダー(フ-TP760NWなど)」を採用する予定。また、今後は医療従事者向けのフェイスシールドだけでなく、3Dプリンタを用いたマスクや人工呼吸器の製造についても検討している。

4月14日より医療従事者向けにフェイスシールド提供希望の受付を開始

2020年4月14日からは、医療機関からのフェイスシールド提供希望の受付を開始。希望のあった医療機関には、製品の準備が整い次第、順次提供をおこなっていく予定。なお、初回は試作品500個の提供を予定しており、新型コロナウイルスの感染拡大が終息するまでは、医療機関からの要望に応じて第2弾以降の展開も検討する。

提供を希望する医療従事者は、ジャパン・メディカル・カンパニーのホームページ内、お問い合わせフォームより受付している。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る