Bauer、3Dプリントマウスガードの新ライン発表

スポーツ用品ブランドBAUER HOCKEY、3Dプリントマウスガードの新しいモデルをラインアップ

ニューヨークに本拠を置くスポーツテクノロジーブランド GuardLab は、米国のアイスホッケー用品メーカー Bauer Hockey と提携し、パーソナライズされた3Dプリントマウスガードの新ライン「Bauer APEX」および「Bauer APEX Lite」を発売した。

2014年設立のGuardLabは、3Dスキャンと3Dプリント技術を使用したマウスガードの設計と製造を行う企業で、多くのアスリートにカスタマイズされたマウスガードを提供。今回新たに発表されたマウスガードは、GuardLabが既にラインアップする「APEX」および「APEX Lite」をベースにした製品で、Bauer Hockeyブランド専用にデザインされたマウスガードとして2019年9月より提供を開始する。

完全にカスタマイズ可能な3Dプリントマウスガードは、セミカスタマイズタイプの市販のマウスガードと異なり、3Dスキャン技術と3Dプリンティング技術を使用して生成されるため、利用者の口に完璧にフィットさせることができる。また今回発表された製品の内「Bauer APEX Lite」は、市場で最も薄くて快適な新しいマウスガードの1つで、様々な色やロゴの設置などもリクエストすることができる。

 

GuardLabマウスガード購入方法(米国内のみ)

  1. オンラインショップからカスタムマウスガードを選択し、カートに追加。フィッティング方法に「3Dスキャン」を選択
    スキャン予約時に3Dスキャン料金が追加されることを確認
  2. 米国内に複数ある3Dスキャン可能な歯科パートナーへ直接予約
  3. 歯科でスキャンされたデータをGuardLabが受取り、マウスガードを製作
  4. 購入指定の住所へ郵送される

3DスキャンとSLA方式3Dプリント技術を使用したマウスガードの設計と製造を行うGuardLabは、NFL、NBA、MLB、NHL、UFC、MLL、NCAAなど多くの団体と提携し、選手にパーソナライズされた3Dプリント製マウスガードを提供している。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る