Formlabsは新しい歯科用樹脂をリリース

Formlabsは長期歯科治療用の新しい生体適合性3Dプリント樹脂『Dental LT Clear』をリリース

2016年に市場参入して以来、デジタル歯科医療用3Dプリント市場を拡大してきたFormlabsは、スプリント治療や歯列矯正に使用する装置を製造するための新たな生体適合性樹脂「Dental LT Clear」の販売を開始した。

高性能デスクトップタイプ光造形方式3Dプリンタ「Form 2」用新材料「Dental LT Clear」は、最速50分未満の高速3Dプリントを実現し、2時間以内で最大7つのスプラインを3Dプリントすることができる高性能な生体適合性樹脂である。

また、先にリリースされていた歯科用SG樹脂「Dental SG Resin」の更新版と共に、Formシリーズ用ソフトウェアPreFormのアップデート版をリリース。歯科樹脂に最適化したソフトウェアの改善により、手術用ガイドの3Dプリントを最大で50%(単体造形時)向上させた。

これまで、50,000件以上の手術用ガイドなどの3Dプリント実績を有するFormlabsは、Form 2の高精度な光造形技術と、長期矯正治療装置に理想的なクラスIIaの生体適合性樹脂「Dental LT Clear」など、複数の高性能歯科用樹脂材料をリリースし続け、従来の高コストな歯科用3Dプリントソリューションを凌駕する高コストパフォーマンスを実現し、歯科市場を拡大しようとしている。

Formlabs Form 2 及び関連品のご購入はこちら https://3dprinter.idarts.co.jp/


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る