IKEAが世界初のゲーマー向け3Dプリント製品を発表

IKEAとUNYQは世界初となるゲーマー向けのカスタム3Dプリント製品を発表

世界最大の家具量販店 IKEA(イケア)は、3Dプリンティング技術を利用した医療用ウェアを開発するスペシャリスト UNYQ およびeスポーツ教育の世界的リーダーであるスウェーデンの Area Academy と協力し、世界初のゲーマー向けカスタム3Dプリント製品のプロトタイプを発表した。


3Dプリント製リストバンド(Photo:IKEA)

世界中で増加するゲーマーコミュニティや、大きな成長が期待されるeスポーツでの適用を目的に、IKEA、UNYQ、Area Academyの3社は、プレイ中のゲーマーの快適さを向上させるためのツールとして『UPPKOPPLA」と名付けられた3Dプリント製品のプロトタイプを公開。


3Dプリント製キーキャップ

長時間に及ぶゲームプレイは、手根管症候群(何らかの原因により正中神経が圧迫され、手のしびれを感じる症状)やテニス肘など、健康問題を引き起こす可能性がある。IKEAはそれらの課題に対応するため、カスタム3Dプリント補綴具とウェアラブルスペシャリストであるUNYQと、eスポーツ教育のスペシャリストArea Academyから提供された情報を元に、豊富な家具デザインとエルゴノミクスに関する経験を活用し、カスタマイズ可能な3Dプリント製「リストバンド」「キーキャップ」「マウスバンジー」の3種類の「UPPKOPPLA」プロトタイプを開発。


3Dプリント製マウスバンジー

今回明らかにされたカスタマイズ可能なプロトタイプは、ユーザーへの適合を調整できる特別なアプリと、高速光造形方式3Dプリンタ「Carbon」を使用し、個々のゲーマー向にパーソナライズされた製品としてプリントされている。

2020年中に発売を予定しているゲーマー向け3Dプリント製品「UPPKOPPLA」シリーズを開発する3社は「ゲームをより快適で健康的に、そして楽しくすること」を目的に、ゲーム用アクセサリー、デスクサポート、椅子、テーブルなど追加製品の開発を行っている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る