デジタルとアナログで生まれたハイブリッドヒール

最先端の3Dプリント技術と日本の鋳造技術から生まれたハイブリッドヒール

DiGITAL ARTISANは、JSR、キャステムの協力を得ながら、デジタル技術の実験的プロダクトの第一弾として、デジタル技術を活用したヒール「FORMLESS」を製作した。

「FORMLESS」は、ヒールにかかる力の向きや重さに応じて、ソフトウェアが適切なヒールの形状を自動生成。デザイナーが形を考えるこれまでのプロセスと異なり、一人ひとりに合わせてコンピュータがデザインをしていくマスカスタマイズの考え方を基にデザインされており、自動生成されるプロダクトを、どう美しく魅力的に見せるかを示した実験的なコンセプトモデルになる。
デザイン・モデリングはDiGITAL ARTISANの小野氏が行い、この技術の特徴である有機的な自動生成される形状をベースに、CGソフトウェアで彫刻的な処理を行った。作成されたデータは、JSRが代理店として展開するCarbon 3Dプリンタの精密な造形と、キャステムの高精度な鋳造技術(ロストワックス)で製作された。

また、シューデザイナーとして同社に参加するAYATO TSUMAGARI氏がヒールとの調和と全体のウェイとバランスを考えた作品をデザイン。鋳造ウェッジヒール製作にあたって体重の動き、耐久性などの観点からも監修を行っている。
アッパーには革とネオプレーンというクッション性・耐熱性や耐寒性にも優れた、ダイビング用のウェットスーツとして使われている素材を用いることで、高いクッション性と着脱を繰り返しても問題のないフィット感の向上、金属のヒールソールの重さを感じさせない脚との一体感を実現させた。


関連記事​

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る