adidasは山本耀司とコラボした最新3Dプリントスニーカーを発表

FUTURECRAFT 4D テクノロジー採用の最新シューズ「Y-3 RUNNER 4D」数量限定で発売開始

スポーツブランド「adidas(以下 アディダス)」は、世界的ファッションデザイナー「Yohji Yamamoto(山本耀司)」とコラボした新しい3Dプリント製ミッドソールシューズ『Y-3 RUNNER 4D』を発表。この最新モデルは、山本耀司とアディダスのコラボフットウェア「Y-3(ワイスリー)」の2019年春夏モデルで、数量限定70,000円(税別)で発売開始された。

Y-3 RUNNER 4Dは、カリフォルニアに拠点を置く3DプリンタメーカーCarbonの「FUTURECRAFT 4D テクノロジー」を使用した3Dプリント製ミッドソールを備え、アッパーには高張力のダブルレイヤー構造の赤いニット素材を採用し、シューズ下部の安定性が向上させ、軽量化と高耐久性を実現している。

また、内部レイヤーのタン部分には、アディダスの特徴であるスリーストライプスと「Yohji Yamamoto」のロゴをセンターに配置。

数量限定モデル「Y-3 RUNNER 4D」は、Y-3表参道ヒルズおよび公式オンラインストア等にて1月31日(木)から発売開始したが、即日完売した。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る