ナイキは3Dプリントシューズで世界記録を目指す

Nikeはマラソンランナー用に最適化された最新の3Dプリントシューズを発表

スポーツブランド大手Nike(ナイキ)は、ケニア人陸上競技選手で世界最速のマラソンランナーと呼ばれるエリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)選手と共に、同社の最新3Dプリントシューズでロンドン・マラソンに出場する。

NIkeは、2018年4月22日に英国で開催されるロンドン・マラソンに出場するキプチョゲ選手に提供する最新の3Dプリント製ランニングシューズ「Nike Zoom VaporFly Elite Flyprint(ナイキ・ズーム・ヴェイパーフライ・エリート・フライプリント)」を発表。

「Nike Zoom VaporFly Elite Flyprint」は、軽量で柔軟性に長けたランニングシューズで、アッパー部の編み込みテキスタイルに、TPUフィラメントから作られた3Dプリント素材を使用している。
このモデルは、2017年9月に開催されたベルリンマラソンで、2:03:32の好記録で優勝したキプチョゲ選手が着用していた「Nike Zoom VaporFly Elite」をベースに改良を加えたモデルで、キプチョゲ選手の足に最適にフィットするよう、3Dプリント技術を用いてカスタマイズされている。

キプチョゲ選手は、この最新3Dプリントスニーカーの開発に直接携わり、スキャンされた足のデータを基にしたさまざまなデザインをテスト。

デザイナーによって更新されるプロトタイプは、3Dプリント技術のメリットを活かし僅か数時間で完成するため、ケニアに居る選手の元へ届けるまで、すべてのプロセスをわずか9日間で完結することができる。

様々なテストを重ね改良されたNike Zoom VaporFly Elite Flyprintの重さは169gで、前回着用のモデルよりも6%の軽量化に成功。ロンドン・マラソンでの好記録が期待されるいる。

3Dプリントシューズにおいては、先行するadidasがCarbon社と協力し開発するFuturecraftシリーズの量産(関連記事はこちら)を開始するなど、追従する他メーカーも含め、業界全体で大きな盛り上がりをみせているが、Nikeもこの流れに乗り、714ドルで最新の3Dプリントランニングシューズの販売を予定している。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

3DPS
ページ上部へ戻る