adidasが3Dプリントスニーカーの国内販売を開始

3Dプリントミッドソール搭載のスニーカー『ALPHAEDGE 4D』11月17日より国内販売開始

アディダス ジャパンは、米国で先行販売されていた、Carbon社の3Dプリンティング技術から生成された異次元構造の革新的ミッドソール「adidas 4D(アディダス フォーディー)」を搭載した最新のランニングシューズ『ALPHAEDGE 4D(アルファエッジ フォーディー)』を、アディダス オンラインショップおよび日本全国のアディダス取り扱い店舗で、2018年11月17日より発売開始することを発表した。

adidas 4D とは

「adidas 4D」は、アディダスが17年にわたり蓄積したアスリートデータの分析結果を基に、Digital Light Synthesis(デジタルライト合成)テクノロジーを活用して開発され、光と酸素で作り上げられた異次元構造の革新的ミッドソールである(関連記事はこちら)。このデジタルライト合成により、次世代の3Dプリントともいうべき製造工程が可能になり、マイクロメーター単位でミッドソールをデジタル設計。複雑に入り組んだグリッド構造は、細かいグリッドがバネのような推進力を発揮し、広がるグリッドが着地の衝撃を分散、そして、ピンと張った高さのあるグリッドが、足をシューズの中央に固定し、横方向への動きを正確にサポートする。これにより、ハードなトレーニングやワークアウトの際も、緻密に制御された反発力を発揮する。

この「adidas 4D」はスポーツ業界の転換点を代表するテクノロジーとして、今後、ライフスタイルやストリート向けモデルの他カテゴリー製品への展開も予定しており、2018年末までには全世界で100,000足超の「adidas 4D」搭載商品を販売する予定である。

Digital Light Synthesis(デジタルライト合成)テクノロジー

2017年4月にアディダスとパートナーシップを締結したCarbon社は、光と酸素を制御し、独自の光反応プロセスとプログラマブル樹脂により、高速製造を実現した革新的な3Dプリンティング技術を開発。この革新的な技術により、フットウェアのパーツをデジタル製造できるようになり、試作品や金型成型を行う必要がなくなり、手作業での処理が大幅に削減された圧倒的な製造スピードを実現。

デザイン面においては、従来の製造プロセスでは不可能とされてきた複雑に入り組んだデザインが実現可能になり、adidasのデザイナー、スポーツ科学者、エンジニアにとって創造の幅が大きく広がった。また、求められる動きやクッション性、安定性、快適性のレベルを精密に反映した、単一構造のミッドソールが製造可能になり、長い目で見れば、アスリートそれぞれの生理学的なデータや要望に応じたパフォーマンスが出せるように、各シューズを仕立てることも可能となった。

製品特徴

『ALPHAEDGE 4D』のアッパーには軽量なFORGEFIBER(フォージファイバー)を用いたプライムニットを採用。TPUコーティングされ、糸の一本一本がミリ単位で編み上げられたアッパーは、継ぎ目の無いソックスのように足を包み込み、糸の角度や密度に変化をつけることで、どんな動きにもサポート力とフィット感をもたらす。
アウトソールには耐久性の高いコンチネンタルラバーを採用し、路面コンディションや天候に関わらず、安定した摩擦力を発揮し、急な切り返しや加速にも対応可能です。


アディダス ブランドコアストア 新宿 50足限定モデル


500足限定モデル

商品情報

  • 商品名:ALPHAEDGE 4D (アルファエッジ フォーディー)
  • サイズ展開:25.0cm~31.0cm
  • 片足重量:約368g(27cm)
  • 発売日:2018年11月17日(土)
  • 自店販売価格:38,000円(税別)
  • 取扱い店舗:アディダス オンラインショップ、アディダス ブランドスコアストア(渋谷・原宿・新宿・大阪、atmos Shibuya、ABC-MARTグランドステージ銀座・原宿)

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る