ダンサーの痛みを軽減する3Dプリント製バレエシューズ

ダンサーの痛みを軽減するためパーソナライズされた3Dプリントバレエシューズ

エルサレムの美術学校「ベツァルエル美術デザイン学院(Bezalel Academy of Arts and Design, Jerusalem)の卒業生Hadar Neemanは、バレエダンサーの足の痛みを軽減するため、パーソナライズされた3Dプリントバレエシューズを製作した。

Hadar Neemanは、友人のバレエダンサーが抱える足の痛みやつま先の歪みの問題を改善するため、3Dプリント技術を活用したシューズを開発。

先ずはじめにモバイルアプリでダンサーの足をスキャン。スキャンされたデータからユーザーの足にフィットした3D形状をソフトウェア上でデザインし、高弾性のエラストマーポリマー材料でソール部品を3Dプリント。

3Dプリントされた格子構造のアウターソールを備えたバレエシューズは軽量で通気性があり、衝撃吸収性に優れ、従来のシューズよりも3倍の耐久性と快適性を提供する。

完全にカスタマイズされた3Dプリントシューズは、ダンサーの怪我のリスクを減らすことを目的としており、ダンサーは伝統的なシューズを使用する場合よりも痛みの少ないトーで踊ることができる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る