ダイムラーバスがモバイル3Dプリンティングセンター設立

ダイムラーバス、スペアパーツの連続生産用モバイル3Dプリンティングセンターを設立

ドイツのシュトゥットガルトに本拠を置く自動車メーカーダイムラーAG(Daimler AG)と、バス専門のサービスブランドである OMNIplus は、同社顧客向けにスペアパーツを迅速に供給することを目的としたコンテナ式のモバイル3Dプリンティングセンターを設立した。

ダイムラーバスとそのサービスブランドであるOMNIplusは、以前から自社車両のスペアパーツ生産に3Dプリント技術を使用しており、2016年にはトラックのスペアパーツの3Dプリントを開始すると発表し、その翌年に初めての金属製3Dプリントスペアパーツの生産内容を発表した。

このモバイルコンテナは、12×3メートル、床面積36平方メートルの大きさで、HPの工業用3Dプリンタの他に、CADワークステーションと粉末処理ステーションが設置されており、隣接する部屋には部品の表面を滑らかにするブラストシステム、工業用掃除機、エアフィルター、空調システムが設置され、射出成形部品に相当する製造基準を満たした高品質のポリアミド部品を製造する。

コンテナは、ハンブルクにあるバスワールド・ホーム(BWH)のサービスセンターで運用され、同社のバスを利用する顧客に3Dプリントされたスペアパーツをより迅速に提供できるモバイルプリンティング施設として、トラックで牽引して任意の場所に運ぶことができる。

同社は、2019年にスイスのSLS 3Dプリンタメーカーである Sintratec と提携し、ヨーロッパ最大の同社子会社 EvoBus GmbH の生産拠点にSintratecのプロフェッショナル向けSLS方式3Dプリンタソリューション「Sintratec S2」を設置。Sintratecの3Dプリントシステムを使用して、ダイムラーバス用スペアパーツの生産体制を強化することを発表。
関連記事:ダイムラーバス、3Dプリント製スペアパーツの使用を拡大
この新しいプリンタの追加により3Dプリント部品生産を内製化し、サービスと物流のコストを削減した。

ダイムラーバスのカスタマーサービス&パーツ部門の責任者であるベルント・マック氏は次のように述べている「モバイル3Dプリンティングセンターのおかげで、3Dプリンティングの利点をさらに活用し、スペアパーツの供給速度をさらに向上させることができます。必要に応じて部品を分散生産することで、倉庫コストを回避し、輸送ルートを削減することができます。3Dプリントは、顧客の要求に対し、迅速かつ柔軟にそして経済的に対応することを可能にするだけでなく、スペアパーツの生産におけるエコロジカルフットプリントの改善にもつながります。」


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る