世界初の3Dプリント製灌漑グリーンウォール

セルフウォータプラント機能を統合した3Dプリントシステム「BANYAN ECO WALL」

「BigRep Studio」シリーズなどの大型FFF方式3Dプリンタをラインアップする3Dプリンタメーカー BigRep は、統合された排水システムと灌漑システムを備えた「BANYAN ECO WALL」と呼ばれる世界初の3Dプリント製エコ・グリーンウォールプロジェクトを発表した。

BigRepのアプリケーション開発部門 NOWLAB によって開発された「BANYAN ECO WALL」は、BigRepの大型FFF方式3Dプリンタを使用し3Dプリントされた4つのセグメントから構成された2000×2000×600mmの構造物で、植物の水管理を最適化する「マイクロシャワー」と呼ばれる統合された排水システムと灌漑システムを内部に備え、未来の都市農業や新しいグリーンインテリアを研究するためのコンセプトモデルとして制作された。

洗練された灌漑システムを有する半透明の筐体は、BigRepのPETGフィラメントを使用してプリントされた物で、ウォール内に設置される複数の黒いプランターは、食品対応可能なBigRepのBlack PRO HTフィラメントを使用して3Dプリントされている。

エコ・グリーンウォール「BANYAN ECO WALL」は、3Dプリント技術の特性を活かした複雑でスマートな機能を備え、より環境に優しいデザインを提案する。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る