3Dプリント製エアレス自転車タイヤ

大型3Dプリンタとフレキシブル材料を利用しパンクしないエアレス自転車タイヤを生成

先日公開の「大型3Dプリンタで実寸ホイールを造形」でも紹介した、ドイツ・ベルリンに本拠を置く3DプリンタメーカーBigRep社は、工業用途における大型3Dプリンタの実用性を示すプロジェクトの新たな事例素材として、同社プロダクトデザイナーMarco Mattia Cristofori氏による3Dプリント製エアレス自転車タイヤを製作した。

新たに公開された3Dプリント製エアレス自転車タイヤは、同社の大型3Dプリンタ「BigRep ONE」と、TPUベースの同社最新フィラメント「PRO FLEX」からプリントされている。

TPUベースの素材「PRO FLEX」は、同社最大の工業用3Dプリンタ「BigRep ONE」と標準の1mmエクストルーダーを組み合わせて作業するために開発された材料で、様々な産業用途に適したエンジニアリンググレードのフレキシブル材料である。

BigRepは、大型3Dプリンタによる実用的なソリューションを示すため、複数のプロジェクトを展開しており、今後も様々な実例素材の公開を予定している。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

3DPS
ページ上部へ戻る