adidas、3Dプリントシューズ「4D FWD」ラインを拡大

adidas、最新の3Dプリントシューズ「4DFWD Pulse Signal Green」の販売を開始

ドイツのバイエルン州に本社を置くスポーツ用品メーカー大手 adidas(以下 アディダス)は、既存の3Dプリントシューズコレクションに、新たな3Dプリント・ランニングシューズ「adidas 4DFWD Pulse “Signal Green”(以下 4D FWD Pulse)」を追加。2021年8月12日より160ドルで販売を開始する。

Carbonの3Dプリント技術によって誕生したアディダスの3Dプリントシューズコレクションは、最新の「4D FWD Pulse」で更なる進化を遂げている。この「4D FWD Pulse」は、精密にコーディングされた3Dプリント製ミッドソールにより、ランナーにとって最適なフィット感とフィーリングを得ることが可能で、アッパーにはPRIMEGREENと呼ばれるブラックとグリーンのメッシュ構造が採用されており、ヒールには4D FWDや4D Cushといった他の4Dシリーズ同様に、3Dプリントされた格子状の4Dクッショニングが設置されている。踵から中足部にかけて下向きに傾斜した新しいクッション構造は、快適な走行のためのサポート力を高めている。

アディダスは、2021年第2四半期の純利益が3億8700万ユーロに達し、年度見通し売上が最大20%増加するなど、増収増益を達成。アディダスのCEOであるキャスパー・ローステッド氏は次のように述べている「今年の夏はスポーツが再び注目を集めており、好調なブランド力と予想を上回る製品需要に支えられ、当四半期は増収増益を達成しました。戦略的成長市場であるEMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)と北米の売上が倍増し、主要なフットボールおよびアウトドアカテゴリーでは、売上高も3桁の伸びを示しました。フルプライスの売上比率が大幅に上昇し、収益性が飛躍的に向上しました。」

アディダスはすべての市場で2桁台の改善が見られ、2021年の売上高で前年比最大20%の増加を見込んでいる。この見通しは、2020年の水準と比較して下半期最大7%の売上成長を反映しており、この値は「4D FWD Pulse」を含む革新的な製品ラインの拡大によって促進されるとしている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る