3Dプリント技術を用いた折畳み式照明器具

布地に直接導電性フィラメントを3Dプリントした折りたたみ式照明器具「conductive origami」

イスラエルのインダストリアルデザイナーYael Akiravは、布地に直接導電性フィラメントを3Dプリントして使用する照明器具シリーズ「conductive origami(導電性折り紙)」を開発した。


photo © ofek avshalom

布地にプリントされた導電性素材は、伸縮(折りたたみと展開)可能な複雑なオブジェクトを構成する骨格として機能し、オブジェクトの展開とともに通電してランプを点灯させる。

導電性フィラメントからプリントされる部位は、デザイン毎に設定された独自の折畳み方と展開方法を備えた骨格構造として機能するため、複雑な格子構造となっている。

project name:conductive origami
design:yael akirav
photography:ofek avshalom


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る