3DFSに導電性及び高磁性フィラメント追加

3DFS『Electrically Conductive Graphite』『Rustable Magnetic Iron』販売開始のお知せ

3Dプリンタ用材料専門ショップ3DFSでは、導電性フィラメントシリーズおよび磁性フィラメントシリーズに、新商品を追加しました。
※ Graphene 3D Lab(Blackmagics)の正規パートナーとして販売してきた「導電性フィラメント Conductive」及び「高磁性フィラメント Ferro Magnetic」は、メーカーの開発停止に伴い販売を中止いたしました。

Electrically Conductive Graphite

新たにラインアップされた導電性フィラメント、Proto-pastaの『Electrically Conductive Graphite』は、LEDやタッチセンサーなど、エレクトロニクス部品の造形に適した導電性PLA混合フィラメントです。

  •  樹脂体積抵抗率(3Dプリントしない状態): 15 ohm-cm
  •  レイヤーに沿った3Dプリント部品の体積抵抗率(x / y):30 ohm-cm
  •  レイヤー(z)に対する3Dプリント部品の体積抵抗率:115 ohm-cm
  •  1.75mm径フィラメントの抵抗(長さ10cm):2-3kohm
  • エクストルーダー温度(メーカー推奨値):195~225℃
  • プリント速度:PLA相当
  • ヒートベッド温度(メーカー推奨値):0~60℃

Rustable Magnetic Iron

新たにラインアップされた高磁性フィラメント、Proto-pastaの『Rustable Magnetic Iron』は、PLAに鉄系素材が混合されており、純鉄と同様にネオジムなど強力なマグネットに対し引き付けられる性質をもった特殊なフィラメントです。また、艶消しのメタル質感は、鉄のように錆びた仕上がりを演出できます。

  • エクストルーダー温度(メーカー推奨値):190~210℃
  • プリント速度:PLA相当
  • ヒートベッド温度:不要
    ※『Rustable Magnetic Iron』は標準的なPLAよりもわずかに脆く、取り扱う際に細心の注意が必要です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る