真鍮系フィラメント『BrassFill』生産終了のお知らせ

colorFabb社製真鍮混合フィラメント『BrassFill』生産終了に伴うお知らせ

様々な原材料を用いた特殊フィラメントをラインアップするフィラメントメーカーcolorFabb社は、2018年10月31日に同社の金属系フィラメントシリーズ、真鍮混合フィラメント『BrassFill』の生産終了を正式に発表した。

colorFabb社製品を多数ラインアップするフィラメント専門ショップ3DFSでは、生産終了が発表された真鍮系フィラメント『BrassFill』について、現在の在庫分が無くなり次第、販売終了することを決定しました。

colorFabbの金属系フィラメントは、PLAベースに安全基準(RoHS)に準拠した金属粉末を独自の配合でブレンドした真鍮混合フィラメントで、既存のFDM/FFF方式の3Dプリンタで使用することができる特殊フィラメントです。
プリント直後はマットな質感ですが、3Dプリント用研磨材「TuneD3」を利用し研磨仕上げすることで、本物の真鍮に近い金属感を得ることができる材料です。

※ BrassFill使用上の注意点
BrassFillはベータ版としてリリースされている製品です。通常のPLAと同様に扱える「BronzeFill」や「CopperFill」と異なり、素材自体が軟らかいため、フィラメントに無理な圧力が掛かると変形し、エクストルーダー廻りで詰まりが発生する場合があります。エラー無く最適な状態で出力するためには、ご使用になる3Dプリンターやスライスソフトの仕様に応じた調整が必要となります。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る